『響~小説家になる方法』がマンガ大賞受賞!あらすじをご紹介


マンガ大賞2017が決定!なんと文芸がテーマという変わり種のマンガです。

「響~小説家になる方法~」のあらすじをご紹介しましょう。今後の実写化なんかもありそうです.

 [ad#seikatuue]

マンガ大賞って何?

マンガ大賞とは、2008年に始まった賞です。
「面白いと思った漫画を、その時、誰かにオススメしたい!」という思いから、書店員などの漫画好きの有志たちが、人にぜひ薦めたいと思う漫画を実際に読んで選考します。
対象作品は前年の1月1日~12月31日に出版された既刊8巻以内の作品で、ノミネートされた漫画が実写化・アニメ化されることも多く、注目の賞となっています。毎年3月末頃に大賞が発表されます。

よく本屋さんや、TSUTAYAなどに特設コーナーを設けてあるのを見たことはありませんか?

マンガって、好きなマンガ家さんが決まっている人も多くて、
知らないマンガを知る機会ってあまりないんですよね。

管理人は、マンガが趣味なのでどんなマンガでも読みますが、
意外と青年マンガが少年マンガは知らなかったりします。

そんな人には、このマンガ大賞にノミネートされたというだけで、
ハズレのないマンガという感じで、とってもありがたい賞なのです。

響~小説家になる方法~あらすじ

(響〜小説家になる方法〜受賞イラスト)

主人公は15才の高校1年生、鮎喰響(あくいひびき)。
文芸誌の新人賞に自分への連絡先を伏せて小説を送りつける。
編集者の花井は、その小説を読み、
この作者なら文芸に革命を起こせる、
文芸の力で世界を変えられる、と確信。
名前しか手掛かりがない中、響を捜し出そうとする。
そうとは知らない響は、
周囲とギクシャクしながらも
高校の文芸部に入部。

響が新人賞に投稿した小説は、
それを読んだ審査員の人生観を変えてゆく。
圧倒的な才能をもつ天才少女は、
自分の尺度と現実とのギャップを埋められず、
発する言葉も行動も予測が不能。

弱冠15歳、デビュー作品にして、
史上初の芥川賞&直木賞のWノミネートという快挙を成し遂げた、鮎喰響。
世間が大きく騒ぎ、文学界が慌てふためく中でも、
あくまで自分の生きる態度は変わらない響。
(※Amazonより)

主人公の響は、かなり変わった行動をする高校1年生の女の子として書かれています。
しかし、その作品は素晴らしいという対比がはっきりしていて、読んでいてもひきつけられてしまいます。

現実には、こんなことないだろうなぁということをやるのです。

屋上から落ちたり、他人の家で本棚を倒したり、ケンカして相手の指の骨を折ったり、パイプイスで相手を殴ったり。

これだけを見れば、どんな暴力少女の物語なんだと思いますが、それ以上に響の書く小説の素晴らしさが想像できて、虜になってしまいます。

作者と、掲載誌

作者は、柳本光晴さん。

ビッグコミック スペリオール」で連載中のマンガで、現在5巻まで単行本が発売されています。待望の6巻は4月12日発売予定です。

実際の場合と比較してみたら(ネタバレあり)

5巻で直木賞と芥川賞のダブル受賞をします。

実際には、そんなことってあるのでしょうか。
調べてみると、ノミネートはありました。
第39回 北川荘平 「水の壁」
第66回 木野工 「襤褸」

現実には、ノミネートだけでもすごいことですが受賞というのはもっとすごいことなんですね。

「響~小説家になる方法」の中でもう一つ現実と比較したくなったのが、新人賞の最年少記録です。
響は15才なので、新人賞の記録更新です。

現実には、綿矢りささんが芥川賞を19才で受賞したのが最年少記録です。

マンガ大賞ノミネートから映像化へ

最近は、マンガ原作のドラマや映画が多いです。

このマンガ大賞にノミネートされて、手にとって読んだマンガの中で、
映像化した作品で印象に残っているものをあげてみました。

重版出来:ドラマ化(主演黒木華)
東京タラレバ娘:ドラマ化(主演吉高由里子)
僕だけがいない街:映画化(主演藤原竜也)
暗殺教室:映画化(主演山田悠介)
3月のライオン:映画化(主演神木隆之介)
バクマン:映画化(主演佐藤健他)

これらは、ほんの一部ですが、どれもヒットしています。
管理人は、「重版出来」がこのマンガ大賞ノミネートで目にとまり、自分の中で大ヒットの作品となりました。

「響~小説家になる方法」も実写でドラマ化すると嬉しいですね。

 [ad#seikatusita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする