七夕に笹を飾るのは?その由来を簡単に伝えよう!


7月7日は、七夕(たなばた)です。
ほとんどの日本人が七夕と書いてたなばたと読むのを知っています。

では、なぜ?と聞かれると困ってしまうのも事実ですね。
我が家の息子も漢字が苦手で、素直に『ななゆう』と読んでいたものです(笑)

ここは、一つしっかりと答えられるように整理してみましょう。

 [ad#seikatuue]

七夕ってなに?と聞かれて思いだすのは
織り姫と彦星
笹に短冊を飾る

この二つくらいでしょうか。
でも、これがどうつながっているのでしょうか?

七夕の由来

現在の七夕は、3つのことがあわさった結果です。

①古い日本の行事

日本では、乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうという行事がありました。

乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって神さまのために着物を織ります。そのときに使われた着物を織る器具を「棚機」(たなばた)といいました。

やがてこの行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになり、現在『七夕』という二文字で「たなばた」と当て字で読んでいるはじまりとも言われています

②乞巧奠(きこうでん)

乞巧奠(きこうでん)は、7月7日に織女星にあやかってはた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする中国の行事です。

庭先の祭壇に針などをそなえて、星に祈りを捧げます。やがてはた織りだけでなく芸事や書道などの上達も願うようになりました。

③織り姫と彦星

七夕のお話としてよく知られていますね。

夏の夜空に輝く、琴座のベガ(織女星)と鷲座のアルタイル(牽牛星)の間に無数の星くずをが見られ、これを川にみたてて、七夕のお話が作られました。

織女星は裁縫の仕事を司り、牽牛星は農業の仕事を司る星とされています。

いくつか動画がありますが、一番のオススメの動画がコチラ

七夕物語

どうやら、①と②が機織りというキーワードが似ていることもあり一緒になっていったようですね。

笹が使われる理由とは?

日本では、神事に笹がよく使われます。地鎮祭なども四隅に竹が飾られますね。

それにはこんな理由があります。

  • 笹は生命力の強さが殺菌や魔除けになると考えられていた 。
  • まっすぐに成長する事から、先祖の霊や神様の依代(よりしろ)として使っていた。
  • 大きく空に広がる笹は、天に願いを届けてくれやすい
  • 笹の葉が「船」の形にもなることから、星に願いを運んでくれる

きっと、笹は身近にあり、神聖なもの として生活の中にあったのでしょうね。

どうして短冊を飾るの?

七夕飾りも時代とともに変わってきました。

奈良時代には中国の影響が強く五色の糸を星にお供えしていました。
室町時代には書道の上達を願い硯(すずり)や墨、短冊に書いた和歌などをおさめる。
江戸時代になってから広く一般に普及のことでした。
現在は色紙さまざまなかざりや、短冊などをかざるようになりました

代表的な飾りにはこんな意味があります。

【紙衣】 女子の裁縫の腕が上がるように
【巾着】 お金が貯まりますように  
【投網】 豊漁になりますように  
【屑籠】 整理、整頓、物を粗末にしないように   
【吹き流し】 織姫のように機織が上手になりますように   
【千羽鶴】 家族が長生きしますように  
【短冊】 願い事がかない、字が上手になりますように。

まとめ

七夕の由来は、なかなか複雑でした。

短冊に願いを書くことで、自分に元気がもらえますよ。
簡単に説明するには、やはり織り姫と彦星のお話がピッタリ!

今年は、空を見上げながら七夕のお話をしてみてくださいね。

 [ad#seikatusita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする