簡単!七夕の吹き流しを折り紙で挑戦


七夕飾りの中で吹き流しと呼ばれるものがあります。

輪っかに数本の長い布を取り付けた物で、鯉のぼりでも使われています。
七夕では、細長い紙を糸に見立てて、織り姫のように機織り(はたおり)が上手になるようにという意味があるんですね。

現在なら、『裁縫が上手になりますように』かな

今回は、折り紙で『吹き流し』を折ってみました

ぜひ挑戦してみてください。

そのほかの七夕飾りは、こちらでまとめています→折り紙で簡単に作る笹飾りまとめ

スポンサーリンク

吹き流しの折り方

①15㎝四方の折り紙を二つに折り、折り目をつけます

 

 

②一度開いて、向きを変え下から1.5㎝ほど折り返します。

 

③真ん中の線にむけて、両方からあわせるように折ります。

 

④さらにもう半分に折ります。
(この写真は、半分だけ折った状態です)

 

⑤一度開いて、

 

⑥はしから、折りたたんでいきます。

 

⑦一番上が裏の白い方になるようにします。(切りやすいので)

 

⑧上の部分を残して、切り目を書きます。

 

⑨切り目にそって、ハサミで切ります。

 

⑩開きます。

 

⑪はしとはしを合わせてのり付けします。
(上から見て+の形になるように)

 

⑫別に折った星を上にのりではって完成!

まとめ

吹き流しは、細く仕上げるものと、太いままのものもあります。
糸に見立てる場合は、細い方が良いかなと思ってこれをご紹介しました。

一番上に星をつけるだけで、ぐっと可愛さアップです。
ぜひ、折ってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする