ひな祭りの菱餅には意味がある!あの形と色の理由をご紹介


ひな祭りにかかせない菱餅ですが、実際に食べたことはありますか?
私は、「菱形をしたひな人形についている飾り」と思っていたのです。でも昔は実際にお餅を作って飾っていたのが現在の形式になったということに今更ながら気づきました。

実は菱餅を飾るのには理由があるんですよ。また、緑・白・ピンクの三色にも意味があったんです。今年のひな祭りは、ちょっと菱型にこだわってみませんか?

[ad#seikatuue]

ひな祭りに菱餅が飾られる理由とは

最初は、中国から伝わった上巳(じょうし)の節句に「母子草」を入れたお餅を食べる習慣がありました。その後、香りの良い「よもぎ」を入れたお餅に変わっていきました。

母子草は、正月明けの七草粥にも登場する御形(ごぎょう)のことです。

どんな草かは、こちらの記事→七草粥の由来とは

昔から香りの強いものには、邪気を払う力があるといわれていたことから、このよもぎのお餅が定着しました。

江戸時代には、よもぎを入れた緑色のお餅と菱の実の粉を入れた白いお餅がくみあわされていたとか。

菱の実には、子孫繁栄と長寿の力があるとされています。

菱餅の三色には意味がある

赤(桃色)クチナシ 魔除け
白(菱の実) 子孫繁栄・長寿
緑(母子草・ヨモギ) 厄除け・健康

江戸時代には菱の実の白とよもぎの緑を使った2色や3色の菱餅が飾られていました。そしてさらにクチナシの桃色が加わり、今の3色となります。

色の意味は、上記のような素材の持つ意味ともう一つ意味があります。、
緑が大地、白が雪、ピンクは桃の花
「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」
という意味が込められているという説があります。

色の順番も決まっています。

◆緑→白→ピンクの場合
雪の下には緑が芽吹き、雪の上には桃の花が咲く。

◆白→緑→ピンクの場合
雪の中から緑の芽が出て、桃の花が咲く

こんな雛飾りの場合のように、黄色や橙色(赤)のあるものもあります。
黄色は月や菜の花・橙色は太陽を現しているとか。

どの飾り方も、春の訪れを待つ心をこめて飾られていますね。

ひな祭りの他の食べ物は、こちらの記事に詳しく書きました→ひな祭りの食べ物には意味がある外せない5つの食べ物とは

[ad#seikatunaka]

形にも意味がある?

菱餅の色にはしっかりとした意味があり、それが伝わっています。しかし、形に関しては、いろいろとあり、これが正しい!というものはないようです。

調べてみると、こんな意味が出てきましたよ。

  • 中国から伝わったもの
  • 菱の実の形からきている
  • 心臓を表す形

ここで言われている菱とはどんな植物か知っていますか?

菱についての豆知識

実は、私もよく知らなかったんです。きっと菱形をしている実のことだと思っていました。そこで調べて見ると、どうやらちょっと違うような・・・

これが、菱の実です。どう見ても菱形とはちょっと違うように見えます。心臓の形と言われれば見えないこともないかもしれません。

調べてみると、どうや『菱(ひし)』という植物の葉が、菱形をしていることからその名がついたように思えます。葉の形を見ると、ひしがたなんですね。↓

他にも、菱の実がひしげているからといった説が色々あるようです。

菱の実は古くから薬膳の食材として用いられ、滋養強壮や健胃効果・鎮痛作用があるとされています。
実は炭水化物のデンプン質が多く含まれていて、クワイのような感じでしょうか。

この菱の実を入れてお餅を作ることで健康を祈願したのかもしれませんね。

では、どうやって食べるのでしょうか?縁起が良い食べ方もあり、発見でした。

菱餅の食べ方

菱餅は、お餅です。今ではゼリーなどもよく見かけますが、お餅の菱餅はそのままでは食べられません。

ひな人形と一緒に飾るときは、封を開けずにそのまま飾ります。封を開けると乾燥していくので要注意です。

菱餅は三色のお餅が重ねられています。食べる場合は、色をわけるように横に三等分します。
その後、焼いて食べましょう。

角をちぎって食べると、『角が立たないように丸く生きる』という意味になるとか。ちょっと気にしてみるのもいいかもしれませんね。

さいごに

ひな祭りにかかせない「菱餅」。春への喜びと、子どもへの願いを込めたものだったんですね。

お餅の色から順番まで、昔の人の想いがいっぱいつまった菱餅です。
今では、お餅から寒天・ゼリーやムース・ケーキにお寿司にまで、「菱形」がキーワードになって浸透しています。

今年は、ちょっと菱餅に注目してみませんか。

[ad#seikatusita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする