季節をあらわす行事食一覧


行事食といわれる食事があります。季節にあわせた食材や言われを伝えている食事です。ここでは、行事とつながっている食事を一覧にしてみました。

有名なものならおせち料理ですね。その他には何が思いつきますか?

 1月 

お正月(1~3日):おせち料理・お雑煮

人日の節句(7日);七草粥

鏡開き(11日);おぜんざい(おしるこ)

小正月(15日):小豆粥

1年の始まりのお正月は、おせち料理に代表される行事です。おせち料理は誰でも知っていても、それがどういう想いを表しているのかは、年々忘れられていきます。

もちろん、現代の生活にあわない料理も出てきています。おせち料理も、現代風に変わりながら長く昔からの想いを伝えていきたいですね。

2月

節分(3日) :巻きずし・いわし・豆

節分には巻き寿司が定着してきました。鰯料理も一緒にいただきます。

3月

桃の節句(お雛祭り) :ちらし寿司・はまぐりのすまし汁・菜の花・菱餅・ひなあられ

彼岸 春分  :ぼた餅

お雛祭りは桃の節句と言われていますが、実際には桃はまだまだつぼみが硬いです。それでも梅の香が春を感じさせてくれます。

桃の花の色を思わせる『でんぶ』を使ったちらし寿司やお花のお寿司が喜ばれます。

4月

花見 :花見団子

花祭り(8日) :甘茶

桜の花の咲く春の季節です。行事食としても、花見で食べる料理や、桜の花を思わせる料理が喜ばれます。

また、野草など独特の風味のある野菜も季節を感じさせてくれます。

(独活(うど)・たけのこ・キャベツ・蕗(ふき)・蕨(わらび))

5月

端午の節句 :柏餅・ちまき

さわやかな初夏の時期です。柏餅が有名ですね。今や柏餅も色々な種類が出ています。

かつおのたたきなども一緒に喜ばれます。

6月

夏至 :タコ

梅雨 :梅の実

梅干しを漬ける時期でもあります。梅を使った料理が人気です。

7月

七夕(7日) :そうめん

土用の丑の日 :うなぎ・土用餅

七夕は、初夏の料理としてそうめんや茶そばなどよく使われます。

8月

お盆(15日) :精進料理

夏の暑い時期に、さっぱりした物が喜ばれます。それとは逆に暑気払いにうなぎが人気です。

果物もスイカやマンゴーなど、夏を表すものが多く出回ります。

9月

重陽の節句(9日) :菊酒 栗ご飯

十五夜       :月見団子・里芋

彼岸 秋分     :おはぎ

秋の入り口ですが、季節的にはまだまだ暑い日が多いです。

敬老の日には、おはぎが喜ばれます。

10月

十五夜 :月見団子 里芋 すすき

十三夜

実りの秋です。さつまいも・栗・きのこなどが、秋を感じさせてくれます。

11月

十三夜 十日夜

七五三 :千歳飴

松茸を使った料理が喜ばれます。徐々に寒くなってくる時期なので、暖かいメニューが嬉しいですね。

果物の柿もこの季節です。

12月

クリスマス :チキン・ケーキ

冬至    :かぼちゃ・小豆・ゆず

大晦日  :年越しそば

12月後半に行事が並びます。

クリスマスは日本古来のものではありませんが、今やかかすことのできない行事であり、チキンを使ったメニューやパーティメニューが多くなります。

また、冬至のかぼちゃを使った料理・大晦日の年越しそばは、これからも定着していってほしい行事食ですね。

【 最 後 に 】

お正月のおせち料理のように、料理が行事を表すものもあり、またその時期の素材が季節を表すものもあります。

日本の四季を楽しみながら、身近に感じてもらうために行事食を大事に伝えていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする