竹原ピストルのCMソングが熱い!松本人志が絶賛


竹原ピストルという名前を聞いたことがありますか?

4月12日のめざましテレビの広人苑で紹介されました。
この方は、実物を見ても、ピンとくる方ではありません。(笑)

でも、『よーそこの若いの』ではじまるCMソングといえば、ほとんどの人がああ、あの!と思いあたるでしょう。

 [ad#seikatuue]

竹原ピストルさんのcmソング

住友生命のCMで菅田将暉さんの出ているやつというと、ピンとくる方も多いと思います。

そこで使われている曲が、竹原ピストルさんの曲。

『よー、そこの若いの』というタイトルの曲です。
この歌詞がとってもいいんです。

がんばっているけど、自身をなくしている、そんなあなたにぜひ聞いてほしい!

歌詞を書きたいところですが、かわりに動画を貼っておきます。

見ていただくと、わかると思いますが、決してイケメンとかではありません(笑)
声も、どちらかというとダミ声。

それでも、歌詞が頭にすっと入ってくる素晴らしさと、
歌詞にピッタリな太い声がなんともいえずに心が動かされます。

竹原ピストルさんってどんな人?

本名 竹原和生
1976年12月27日(39歳)
元ボクサー
弾き語りデュオ、野狐禅を結成し2003年メジャーデビュー。
2009年、野狐禅を解散しソロ活動を開始。
年間約300本ペースでライブを行う。

ここまでなら、歌手なんだな。で終わるところですが、
なんと、俳優としても活動されています。

そのきっかけの一つになったのが、ダウンダウンの松本人志さんというから驚きです。

松本人志さんが、絶賛

松本人志さんの映画『さや侍』に俳優として抜擢されて出演し、主題歌「父から娘へ 〜さや侍の手紙〜」 も担当しています。

松本人志さんは
「才能のある人が認められていない」「僕が何もしなくても彼(竹原)は日の目を見ると思いますけど、ちょっとでも手助けできたら……」
とコメントされています。

映画「永い言い訳」(2016年)で、なんと日本アカデミー優秀助演男優賞を受賞を受賞されています。

めざましテレビのインタビュー

めざましテレビのインタビューで、汗をかきかき答えているのをみると、
なんだかクスッと笑ってしまうようなほのぼのとした空気感があります。

でも、ぱっと見はちょっとこわそうです。

でもでも、歌をうたいだしたら、また雰囲気が変わります。
絞り出すような声がなんともSexyです♪

ライブでも歌うたっていると、汗だくになるそうで、
ファンの方がタオルを投げてくれるそうですが、
元ボクサーという性分からなんだか複雑な気持ちになるとか。

ライブ活動をたくさんされていますが、いつ準備万端にしていないと気が済まないとか。
マイクの位置はここ、ハーモニカはここときっちりと決まった場所があるそうです。

大きなキャリーカートを、いつも引っ張って移動しているそうで、
その引っ張り方にもこだわりがあると、番組で披露してくれていました。

なるほど~でしたよ。

まとめ

竹原ピストルという名前で気になって、歌で引き込まれ、歌詞で心が揺れる。
そんな素敵な方でした。
これからどんどん活躍してくれそうな歌手であり俳優さんです。

一度、歌を聴いてみてくださいね。

 [ad#seikatusita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする